IMG_4632

高校選手権は2回戦12試合が28日、ツインフィールド(水戸市)など各地で行われた。

県高校総体の四強を除く水戸啓明、水戸商、明秀日立らシード勢11校が2回戦から登場し、1回戦を勝ち抜いた13チームらと対戦。優勝候補とも目される水戸啓明、明秀日立、古河一、水戸商ら強豪校は大差で勝利し順当に3回戦へと駒を進めた。一方で、シード校の東洋大牛久が下館工に2-3で敗れるなどの波乱も散見された。

3回戦は11月1日(水)鹿島学園高校グランドなど各地で開催される。3回戦からは高校総体四強勢が満を持して登場。注目は何と言っても高校総体王者鹿島学園だ。その相手には1,2回戦を勝利して波に乗る波崎との対戦が決まっている。その波崎の監督として指揮を執るのはかつて鹿島学園で主将として活躍し、国立の舞台で選手宣誓を行った伝説のキャプテン、請川順也監督(24歳)なのだ。

当時から現在も鹿島学園を指揮する鈴木雅人監督もその師弟対決を楽しみにしているという。目が離せない一戦になるだろう。乞う、ご期待。

2回戦の結果
佐和2-0日立工 水戸桜ノ牧1-0古河三 水戸商7-0守谷 明秀日立10-0総和工 日立一0-0PK5-3下妻一 常総学院2-1麻生
波崎1-1PK11-10常磐大高 古河一3-0牛久栄進 境4-0土浦湖北 水戸啓明7-0伊奈 東洋牛久2-3下館工 下妻二2-0科技日立


3回戦の組合せ
11/1(水)①11:00②13:30
鹿島学園G ①鹿島学園-波崎 セキショウ ①古河一-常総学院 ツイン人工 ①水戸桜ノ牧-水戸商 ②佐和-明秀日立 ツイン天然 ①水戸工-日立一 ②水戸葵陵-境 鹿島北海浜 ①鹿島-下妻二 ②水戸啓明-下館工