派手さはないが底堅い守備が武器。明秀日立を倒し、決勝の舞台でライバル鹿島学園へのリベンジ成るか?


IMG_3453

準決勝の四強に唯一勝ち残った県立高の鹿島。古豪である名門鹿島のこの1年は破竹の快進撃と言っていい。IFAリーグへ今季1部昇格、1部の強豪に揉まれながら奮闘し、県大会でまず新人戦で優勝、関東予選では水戸葵陵に不覚を取ったが続く県総体では準優勝と安定した成績を残している。そんな鹿島の特徴はやはり主将のDF5森島陸(3年)を中心とした底堅い守備。爆発的な攻撃力に欠ける分、少ないチャンスを確実にモノにし、定評ある守備で守り切る。そんな闘志をむき出しにしたサッカーを身上にしているのが鹿島の代々の伝統だ。また鹿島のもうひとつの特徴は、永遠のライバル鹿島学園との対戦となると無類の馬力を発揮する点だ。特に今年は県総体決勝で鹿島学園に惜敗しているだけに決勝の舞台でそのリベンジに燃えている。明秀日立を退けて決勝進出なるか、期待は高まる。


今年度の結果

新人戦(優勝)
1回戦:2-0下妻二
2回戦:5-1土浦一
準々決勝:4-0牛久栄進
準決勝:1-1PK4-3鹿島学園
決勝:1-1明秀日立(両校優勝)
 
関東予選(準々決勝敗退)
1回戦:2-0藤代紫水
2回戦:3-0麻生
準々決勝:0-1水戸葵陵
 
高校総体(準優勝)
2回戦:3-1藤代紫水
3回戦:2-0日立商
準々決勝:2-1明秀日立
準決勝:2-0水戸葵陵
決勝:0-2鹿島学園
 
IFAリーグ1部(7位
8勝1分9敗 勝点25

28年度高校選手権(3位)
2回戦:6-1常磐大高
3回戦:2-0古河一
準々決勝:3-1水戸啓明
準決勝:1-1PK3-4明秀日立