苦しい戦いを我慢の展開で勝ち上がり、頂点まであと1勝。4年ぶりの王者の座、奪還成るか?

☆今大会の戦い
2回戦:7-0伊奈 
3回戦:6-0下館工
準々決勝:1-0水戸葵陵
準決勝:2-2PK4-2鹿島学園


☆基本布陣 4-2-3-1

       9今川

  11永井 7佐藤  8田中

    10荒蒔 20高須

4増田 15吉田  ③中野  5中島

       12小沼 

今大会の水戸啓明は序盤の2,3回戦こそ圧勝で勝利したものの準々決勝の水戸葵陵戦以降、厳しい戦いを競り勝って苦しみながら勝利を手にしている。特に準決勝の鹿島学園戦では先制されても勝ち越されても2度追いつくというような粘り強さを発揮し「勝ち切った」という印象が強い。

そんなチームの原動力は、決勝の対戦相手となる明秀日立の指揮官萬場監督も要注意人物に挙げたMF7佐藤響とMF10荒蒔悠斗の2人だ。トップ下の佐藤は持ち味のドリブルで相手DFを切り裂き、圧巻の攻め上がりで得点を演出するなど水戸啓明の司令塔。左利きの荒蒔は長くケガで苦しんだものの今大会前に復帰。夏までは左SHなど務めることも多かったが、今大会では一列下がりボランチとして攻守のバランスを取りながら機を見て攻め上がる。

IMG_2806
MF10荒蒔悠斗


IMG_4682
MF7佐藤響


明秀はこの2人を止めない限り勝利はない。逆に言えばこの2人がボールを保持出来ないようなら啓明は苦しむだろう。特にここ2戦、佐藤はともかく荒蒔が前線に顔を出す機会が極端に少なくなっている。決勝も爆発的な攻撃力が自慢の明秀が相手であり、ディフェンシブな戦いは余儀なくされることは想像に難くない。

啓明はこの2人を軸に攻めつつも、主将のDF3中野を中心に踏ん張り、苦しい時間帯にロングボールで前線の9今川、11永井が上手く収めポゼッションする時間帯を増やしたいところ。そして我慢の展開の中から明秀の3バックのサイドを突き、得点をもたらしたい。

いずれにしても啓明はまずは守備からゲームを作りつつ、いかに流れを引き込むことが出来るかがカギとなるだろう。